ジョン・ロブ〈PHILLIP 2〉の鏡面靴磨き&汚れ落とし(クリーニング)

靴磨き、靴修理ShoeShineWORKS

03-6212-0121
(営業時間:10:00ー19:00 土・日・祝日除く)

Blog


ジョン・ロブ〈PHILLIP 2〉の鏡面靴磨き&汚れ落とし(クリーニング)

さて、本日はジョン・ロブのフィリップの靴磨きと汚れ落とし(クリーニング)です。

 

file

 

ハイエンドポリッシュのコースで磨き上げました。
見ていても気持ちが良い艶になるので、気分も上がります。
弊社の宅配サイトでも人気の高いコースです。

ですが、弊社ではその前に大事にしたいことがあります。
それは・・・

 

file (1)
汚れ落としですね!
上の画像のように、まずは古いクリームやワックスを取り除きましょう。

ワックスの度重なる塗り込みは厳禁です。
革の呼吸が出来なくなり、ヒビ割れの原因になります。
ワックスは一度塗ったら、その上から塗り重ねるのではなく、必ず古いワックスは落としましょう。

汚れ落としという作業はクリーニングといっても過言ではありません。

 

ちなみに靴クリーニングというと、靴の丸洗いを想像される方も多いかもしれません。

が、丸洗いというのはよほどのことがない限りしなくても大丈夫ですし、
むしろやらなくて済むなら極力やらないほうが良いです。

 

 

もっと細かい話をすると、弊社も水洗いはします。
でも丸洗いはしません。
つまり、アッパーは洗いますが、靴の中までは(極力)洗いません。

なぜかというと、靴の中底にはコルクだったりフェルトだったり、靴の履き心地につながる大事な物が色々と敷き詰められています。
それが洗った時にふやけてたり、乾いた後に形が変形したり・・・
とにかく靴が型崩れを起こす可能性があるんです。

もちろん汗とか臭いとか衛生的な部分で気になるなんて方もいますが、よほどのことがない限りはあまりおススメしない方法です。
むしろ、わざわざ洗うというやり方を取らなくても汗とか汚れをある程度取ることは出来ます。ここでは弊社のブランケアを使います。

洗ってしまうだけだと、革本来の油分が抜けて乾燥が進んでしまいます。
さて、丸洗いについての話が長くなってしまいましたが、話を元に戻して…
全体的にも見ていきましょう!
After

file

 

After(※つま先クローズアップ)

file (2)
After(※かかとクローズアップ)

file (3)

 

靴磨きには3つのコースがあります。

 

ベーシック・・・アッパーの汚れ落とし +(A)乳化性クリームでの靴磨き
ベーシック+インナー・・・(B)アッパーとインソックの汚れ落とし +(A)
ハイエンドポリッシュ・・・(B)+ 油性クリームの靴磨き + つま先&踵の鏡面磨き

 

今回ご紹介した靴はハイエンドポリッシュのコースです。

お値段は、3,000円~+税 です。

ちなみに一番言いたかったことは、どのコースを選んだとしても「汚れを落とす」という行為は必ず行なうということです。
ところで、足数やコースによっては送料がかかってしまう場合もありますが、

先日お伝えした往復送料が無料になる方法を上手く駆使してあげましょう。
往復送料を払わずに上記の金額でお靴を綺麗にしてしまう方がかなりお得です。

もう1足で追加で磨けるくらいの料金になるからです。

わざわざお店に持っていく手間や時間も省けます。

宅配専用サイトは、忙しい人にとっての味方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です